薬剤師向け新型コロナウイルス対策特設ページ

服薬指導カウンター、受付・会計カウンターの飛沫感染予防

日本薬剤師会が、各薬局における感染防止対策として、「薬局内における新型コロナウイルス感染症対策チェックシート【第一版】」を作成しました。

その中のチェック項目の一つに「カウンターの防護シート等飛沫感染防止の対策をとっている。」が記載されています。



カウンターの防護シート等飛沫感染防止方法は、アクリル板やビニールシートを用いた作成方法がインターネットなどで、散見され、さらに専用のアクリル版も販売されるようになりました。

しかし、薬局だけではなく、コンビニやホテルなど様々な場所で、設置されているため、需要が高まり、代替品であるビニールシートやテーブルクロスなどが品切れになっているケースがあります。

また、アクリル板やビニールシートなどを用いると服薬指導時において声が聞きとりにくいことや、透明度が悪いため患者の表情を確認できないことがあります。アクリル版には、飛沫物が付着している可能性があり、こまめに消毒することが必要です。

今回はアクリル板やビニールシートを使用しないディスポーザブルなカウンターの防護シートを考えてみましたので、以下に紹介させていただきます。



1. 食品用ラップフィルム

家庭にどこにでもある食品用ラップフィルムを用いて作成しました (写真1)。

カウンターにラップフィルムを緩みがないように貼り、両端を養生テープで固定しました。

飛沫を防ぐという意味では十分でしたが、ラップフィルム同士が容易に張り付いてしまうため、貼ることが難しく、何度か失敗しました。

しかし、ラップフィルムの防護シートのコストは非常に安く、さらに厚みが薄いため、透明度、声の通りやすさも優れていると思います。

毎日交換できることも衛生面から考慮すると利点です。その反面、厚みが薄いため、外観が貧弱にみえることが難点です。



写真1



2. ギフト包装用フィルム

ギフト包装用フィルムに使用されるOPPロールを用いて作成しました(写真2)。

OPPロール とは「オリエンテッドポリプロピレン Oriented Polypropylene(二軸延伸ポリプロピレン)」の略で、花や中身を見せるギフト包装に使用される透明フィルムのことです。

0.04mmの厚さを使用しましたが、サランラップより強度があり、外観もよく、透明度、声の通りやすさも優れていると思います。

さらにOPPロール (600mm×30m)の価格は1000円から2000円と安価な価格です。



写真2



写真3

2020.5.12

本サービスにおいて、治療・薬剤に関する質疑、コメント内容については、製薬会社、医薬品販売業者および当社は関与しておりません。 投稿された内容は、特定の製薬会社、医薬品販売業者と利害関係を有しないことの確認を経た上で行われており、医薬品を勧誘し、推奨するものではありません。個別の投稿内容はあくまでも投稿者の個人的な見解に過ぎず、その内容の正確性について製薬会社、医薬品販売業者および当社が保証するものではありません。 当該意見に依拠する際は、自己責任において検証するようにしてください。

掲載内容に関する疑問点、ご質問などがございましたらこちらよりお問い合わせください。