薬剤師向け新型コロナウイルス対策特設ページ

新型コロナウイルス感染拡大に対する取り組み-その⑦

当薬局では役員をはじめ、薬剤師、事務スタッフの出勤シフトを通常より25%カットして薬局業務を行なっております。目的としては以下の内容です。

①調剤室内でスタッフが密になることによる集団感染の予防(一度に多くのスタッフが出勤して感染してしまった場合に人員の確保に困難を生じることが予想させる)

②来局患者の減少による収益減少のため時間ごとに人員の適正化を測る(通常の医療機関では多くが長期処方や不必要な受診を避けるようになっているため時間毎に必要な人員数が大きく変動している)

③スタッフ全員の雇用を確保するため(このタイミングで無策であればいずれ従業員の雇用を確保することが困難になることが容易に想像できると考えました)

現在、多くの地域の薬局は新型コロナウイルス感染拡大による経営状況の悪化という問題が浮上しております。今までの薬局経営では経験したことがない問題に直面している薬局が多いことが想定されます。当薬局では地域に薬局を存続させるためにも今後も必要に応じて適切な対応を行なっていく次第であります。

2020.5.16

本サービスにおいて、治療・薬剤に関する質疑、コメント内容については、製薬会社、医薬品販売業者および当社は関与しておりません。 投稿された内容は、特定の製薬会社、医薬品販売業者と利害関係を有しないことの確認を経た上で行われており、医薬品を勧誘し、推奨するものではありません。個別の投稿内容はあくまでも投稿者の個人的な見解に過ぎず、その内容の正確性について製薬会社、医薬品販売業者および当社が保証するものではありません。 当該意見に依拠する際は、自己責任において検証するようにしてください。

掲載内容に関する疑問点、ご質問などがございましたらこちらよりお問い合わせください。