薬剤師向け新型コロナウイルス対策特設ページ

新型コロナウイルス感染拡大に対する取り組み-その⑫

全国での「緊急事態宣言解除」に伴い、人の流れも徐々に戻ってきているニュースを目にする様になりました。

小児科では先日公益社団法人 日本小児科医会より「2歳未満の子どもにマスクは不要、むしろ危険!」の呼びかけがありました。

具体的な内容は、乳児は空気の通り道が狭いため、マスクの着用は呼吸をしにくくさせ、心臓の負担になるというものです。



そのほか、マスクそのものや嘔吐物による窒息のリスクが高まる、マスクで体内に熱がこもるリスクが高まる、顔や唇の色、表情の変化など、体調の異変に気づくのが遅れるなどの健康影響が懸念されると指摘しています。

米疾患対策センター(CDC)がウェブサイトに掲載している「Q&A」でも、子どものマスク着用については「2歳以上の子どもが人と接するような外出をする場合には勧めるが、2歳未満の子どもは窒息の恐れがあるため使わないで」としています。

これに伴い、薬局でも患者さんへの情報発信を行なっております。

これから外出の機会が増加しますので誤った認識の患者さんには正しい知識を持って外出をしてもらいたいです。

2020.5.26

本サービスにおいて、治療・薬剤に関する質疑、コメント内容については、製薬会社、医薬品販売業者および当社は関与しておりません。 投稿された内容は、特定の製薬会社、医薬品販売業者と利害関係を有しないことの確認を経た上で行われており、医薬品を勧誘し、推奨するものではありません。個別の投稿内容はあくまでも投稿者の個人的な見解に過ぎず、その内容の正確性について製薬会社、医薬品販売業者および当社が保証するものではありません。 当該意見に依拠する際は、自己責任において検証するようにしてください。

掲載内容に関する疑問点、ご質問などがございましたらこちらよりお問い合わせください。