薬剤師向け新型コロナウイルス対策特設ページ

薬局内の消毒の頻度は?

日本薬剤師会が、各薬局における感染防止対策として、「薬局内における新型コロナウイルス感染症対策チェックシート【第一版】」を作成し、その中の項目一つに「手が触れる部分を適切なタイミング、方法で消毒を行なっている。」と記載されています。

適切なタイミングとはどのようなタイミングで消毒すればいいのしょうか。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の生存期間はどれくらいなのでしょうか。



新型コロナウイルスはプラスチック上には最大3日間、生存する可能性があり、薬局入口のドアや待合イス、飛沫が付着する飛沫防止板は、こまめにアルコールなどで除菌をすることが必要と考えられます。ただし時間が経過するにつれ、付着ウイルス量が減っていくと考えられます。

具体的な消毒の回数は、「ドアノブなどよく触る部分やトイレは1日1回以上、0.05-0.1%の次亜塩素酸ナトリウムで清拭し、消毒を行う」と新型コロナウイルス感染症の軽症者等の宿泊療養マニュアル(厚生労働省)に記載されています。



新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の生存期間

空気中 最大3時間

銅 最大4時間

段ボール 最大24時間

プラスチック 最大72時間

ステンレス 最大48〜72時間

(Figure 1. Viability of SARS-CoV-1 and SARS-CoV-2 in Aerosols and on Various Surfaces.)

※実験室内でのデータ

※段ボールは誤差が多い

※生存可能なウイルスの半減期 ステンレス : 約5.6時間 プラスチック : 約6.8時間

(Aerosol and Surface Stability of SARS-CoV-2 as Compared with SARS-CoV-1 N Engl J Med 382 : 1564-1567, 2020)

2020.5.8

本サービスにおいて、治療・薬剤に関する質疑、コメント内容については、製薬会社、医薬品販売業者および当社は関与しておりません。 投稿された内容は、特定の製薬会社、医薬品販売業者と利害関係を有しないことの確認を経た上で行われており、医薬品を勧誘し、推奨するものではありません。個別の投稿内容はあくまでも投稿者の個人的な見解に過ぎず、その内容の正確性について製薬会社、医薬品販売業者および当社が保証するものではありません。 当該意見に依拠する際は、自己責任において検証するようにしてください。

掲載内容に関する疑問点、ご質問などがございましたらこちらよりお問い合わせください。